スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シングルモルト ウィスキーとスヌーカー

 シングルモルトウィスキースヌーカー。どうして今までこの組み合わせに気が付かなかったのだろう。

 日本はゴールデンウィークの最中、国民の休日が他のヨーロッパ諸国と比べても少ないイギリスにおいては数少ない三連休の週末である。たかが三連休と言っても、珍味の如く、一刻一刻を楽しみながら有難く押し頂かなければならない連休だ。

 この連休中に、イングランドはシェフィールド州にてスヌーカー世界チャンピオンシップが開催される。スヌーカー愛好会には見逃すことのできない一大イベントである。そして本日は決勝も二日目、決戦の夜である。
 今年はロニー・オサリバン対マーク・セルビー。前者はその正確かつ他に類を見ない早いプレーから「ロケット」と称され、難しいボールでも点を取りに行くアグレッシブなプレイスタイルゆえにファンも多い。マーク・セルビーは、個人的に今までノーマークだったのだが、今回の予選のプレイから見るに、どの戦局でも非常に落ち着いた態度を崩さず、かつ知的な印象も残す、チャンピオンとしての器の大きさを示すプレイヤーだ。

 私とスヌーカーの付き合いは長くもあり短くもある。スヌーカーという競技は昔から知っていたものの、実際に観戦したことはなかった。初めて真面目に観戦したのは、忘れもしない2001年の春、英国にて。まだ私が英国に移住する前のことだ。

 当時、長期出張でイギリスにいた私は、この連休中にホテルで一人時間を過ごしていた。その日、特に観光に出るあてもなくホテルにいた私は、次週に備えて衣服にアイロンをかけることを思い立ち、何かテレビで観るものはないかとBBCにチャンネルを合わせた時に放映されていたのがスヌーカーである。更に、対戦者の一人がロニー・オサリバンだったことが運の尽きだった。この日、アイロンがけが終わった後も私はスヌーカーの戦局をほぼ一日、一人で観戦し続けることになる。

 今でも覚えているのが、ロニー・オサリバンのプレーの早さだ。迷わない。ためらわない。なおかつ正確にターゲットの球を落としていきつつ、次のプレーに備えてキュー・ボール(白球)を正確にコントロールしていく。当時オサリバンは20代。困難と思われる局面でもリスクを取って得点を取りに行く大胆さが一際目立っていた。この大胆さが今でも彼の人気の理由の一つでもある。

 スヌーカーをご存じない方のために付け加えておくと、スヌーカーというのはアメリカで一般的にプレーされるプールの3倍はあろうかという大きなテーブル上でプレーする球技だ。スヌーカーという言葉自体に「妨害する」といった意味があることからもわかるように、単に球を落とすだけでなく、いかに相手のの状況を難しくするかという部分も重要な要素となる。ルールーもプールよりもっと複雑であり、基本的にプールとは別のスポーツだと考えてもらった方がよいだろう。体力はもとより、知力と駆け引きと精密なコントロールが要求されるゲームである。

 結局、その当時は時間の許す限りトーナメントをテレビで観続けたわけだが、この時のロニー・オサリバンの大胆なプレー・スタイルの記憶が、私のスヌーカーに入れ込む一つの要因となったのは間違いない。

 年は移って、2014年。

 夕食の伴に赤ワインを飲みながら夜のゲーム再開を待っていたが(スヌーカーは長時間にわたるスポーツのため、午後の部、夜の部などと対戦時間がいくつかに配分される)、ふと思い出したのが棚の奥のウィスキーのボトルだ。なぜかイギリス人の友人達にもらった山崎の10年シングルモルト。それからシングルモルト・スコッチウイスキー。私はウィスキーはロックで飲むと決めている。氷が溶けるにつれて微妙に風味を変化させるシングルモルトウィスキー。微妙な駆け引きが展開されるスヌーカーを楽しむのに、これ以上ふさわしい飲み物があるだろうか。今現在でマーク・セルビー:17フレーム(18フレームと取得した選手が勝ち)対ロニー・オサリバン:14フレーム。まだどうなるかわからない局面である。

 今夜は日英のシングルモルト二つをロックで手元に置きながら、チャンピオンシップを最後まで見届けようと思う。

イギリス、春、子羊

 4月も下旬になって、あちこちで子羊が牧場を駆けまわっているのを見かけるようになった。春本番である。

 イギリスでは"Spring Lamb"(直訳すると「春の子羊」、そのまんまだ) という言葉があり、子羊は春の季語なのだ。以前の記事でも何回か写真を載せたりしているが、子羊の群れが朝や夕刻に跳ねまわっている様子は実に可愛らしい。でも実は可愛いだけでなく、彼らは結構うるさかったりもする。以前、が放牧されている牧場の比較的近くに住んだことがあるが、朝と夜、二重窓ガラスにも関わらず鳴き声で目が覚める程、彼らは小さな体から大音量で鳴く。

 近所の牧場で春ののどかな様子をビデオに撮ってみたが、子羊の鳴き声がかなり周囲に響き渡るのがわかるかもしれない。昼頃にもかかわらずよく通る鳥の鳴き声も背景に入っている。このビデオでイギリスの田園風景の雰囲気が伝わるだろうか。

時も移り…

 丸々6年間もご無沙汰してしまった。友達だったらきっと縁を切られている。

 最後にこのブログに記事を入れたのが2008年の5月。今は2014年の4月も終わりだ。常々書きたいネタは見つけていて、このブログのことも常に念頭にあったのだが、実際には全くの放置プレーだった。実際に自分で過去記事を読み返したのも5年ぶり位だろうか。自分で書いておきながら忘れていた記事もあって、自分で書いたくせに「へぇー、ほーぉ」とそれなりに面白く読み返した。色々と面白いことを記録に残しておいてくれてありがとう、自分。

 時は移って。

 2008年頃は英国はイングランド南西部のウィルトシャー州(Wiltshire)で築400年超えの古いコテージでの生活を楽しんだが、その後何を思ったか、一気に北上して今はイングランド北西部、カンブリア州(Cumbria)に引っ越しし、今はイギリス湖水地方と呼ばれる、風光明媚で知られる地域に暮らしている。日本人にはピーター・ラビットの故郷と言った方が通りがいいかもしれない。引っ越した距離の感覚は、関東は神奈川あたりから東北は仙台かその以北に引っ越したような感じと言えば、なんとなくわかってもらえるだろうか。移動距離的にはあまり正確なたとえではないが。

 田舎暮らしにも一層拍車がかかった(笑。東京から直接こちらに引っ越していたら、もしかしたら適応するのが難しかったかもしれないが、幸いなことに英国に移住してからというもの、ロンドンを始点として引っ越しの度に都会からどんどん離れていったため、十分田舎暮らしへの順応期間を積む機会があったおかげで、現在は田舎暮らしを楽しみながら満喫するに至っている。
 
 犬も一頭から二頭になった。二頭とも黒のラブラドールである。二頭目として家族に加わったアビーは実はもらいっ子だ。
 元の持ち主は男の子二人のいる四人家族だったが、母親の妊娠を機に、犬の面倒まで手が回らなくなるという理由で、獣医経由で新しいオーナーを探していたのだ。我々がお世話になっていた獣医がたまたま同じ獣医で、この獣医から「…こういう犬がいるんだけど、もう一頭飼わない?」という話を持ちかけられたのがきっかけだ。だから我々は犬の飼い主として獣医からお墨付きをもらったのだと思っているのだが、それは置いておくとして、アビーは純粋に元の飼い主の都合で手放された犬で、犬自体にはまったく問題がないのだから、それならば、と引き取ることにしたのだった。
 引き取った時点でアビーは既に一歳半。だから我々は子犬だった頃の彼女(メスだから)を知らない。それはもう可愛い子犬だったろうと思う。でもとにかく気質の良いお嬢さん犬で、最初に目があった瞬間から家族になってしまったという犬である。

 この6年間、仕事面でも実に様々なことがあった。その時その時では上手く進んだこと、それから思ったように行かなかったことなど色々あったが、今から振り返ると全ての要因がまわり回って上手くつながり、「今」を後追してくれている。我ながらつくづくラッキーだと思う。
 思い起こせば社会に出てからというもの、いやもっと言えば中学高校の頃からの選択が、小さなものから大きな選択まで全て上手くつながって今に至っている。特に、同年から先輩、会社の上司などなど全て含めて、周囲にとてもいい人々がいる恵まれた環境にいた影響が大変大きいと思う。本当に感謝である。

 何の話だったか。端的に言えば、この6年間に色々あったという話である。

 6年経ってから古いブログを再開するよりは新しいブログを作ったほうがいいのかもしれないが、敢えてこのプラットフォームで続けていってみようと思う。

 相変わらず不定期更新になるかと思うが、まず、次の記事が6年後にならないようにしたい(爆。

英国の春 ~動画編~

 英国でも日本同様、5月5日(月)はメーデーで祝日なので、今週末はなんと3連休!だ。
たかが3連休でなにを浮かれているのだと鼻で笑ってはいけない。ヨーロッパ一少ない祝日を誇る英国では、私が覚えている限りイースター(3月~4月、年毎に変わるので要注意)の4連休が一番長く、3連休だってそうそうあるわけではないので、ありがたく楽しまなければならないのだ。

 と言いつつも、特に予定を詰めるでもなくお気楽に過ごしているこの連休、ファイル整理をしていたら、4月に撮った写真や動画を見つけたので、今回お初の動画アップロードにトライ。デジカメで撮ったへなちょこビデオなので、一応ご勘弁を…。

 こちらは4月上旬に、近所に放牧されていた子羊たち。ちょこまかと跳ね回る様がとてもかわいらしい。撮っている人間の声が入ってしまっているのは、どうぞ無視して頂いて…。


 家人がいたいけな子羊に魔の手を伸ばそうとしたが、母羊は案外落ち着いたもの。
Lamb chop! あ、そっちに行くと魔の手が…!

 英国は天気は変わりやすいことでも有名。一日の天気に四季を見ることができるなどと言われるのも、以前は誇張だと思っていたけれど、暮らし始めると本当なのが分かる。3月から4月にかけては、一日のうちに(晴れ→雪)×3回、合間に雨と霰も入って、天気予報では一体どういう定義をするのか不思議なくらいころころと変わる天気の日があった。こちらのビデオは穏やかな春の日に、いきなり小石ほどもある霰(あられ)が激しく降った様子。


我が家はわらぶき屋根なので雨や霰が降ってもまったくと言っていいほど雨音は聞こえないが、これが普通の家だったら、さぞかしすごい音がしたに違いない。


 家の裏の森ではブルーベル(Bluebell)が今を盛りと咲いていて、実に美しい。近々写真をアップする予定、だけれども予定は未定なので(笑)、気長にお待ちのほどを…。

数字で見る英国の平均家庭

 今回の話題は引き出しから引っ張り出した古いニュースについてだが、ここしばらくネタに関して記事を書く時間がなかったということで、ご容赦を。

 英国の生活って、具体的にどんな感じ?と思っている方は多いと思うが、統計データから英国民の暮らしぶりを見てみると多少感じがつかめるかもしれない、ということで、今回は昨年11月にBBCサイトに掲載された記事('The UK family: In statistics')についてである。

 まずは、英国における平均的な家庭像から。

average_family

 平均的な家族編成は、夫婦に子供二人。住宅ローン(morgage)を背負っている家庭が全体の8割ほど。貸家よりも持家志向が強いということか。両親が揃っている家庭ばかりではないので、上記のデータからははっきり言えないが、共働き世帯の割合も半数程度になるのだろう。付け加えて言うと、ここには数字が示されていないため詳細は不明だが、シングルマザーの割合は日本よりずっと高いだろうと思う。

 平均世帯年収は3万3千ポンド弱。ここ数年のポンド・円間の換算レートが190~240円位のレンジで動いているので、大雑把に換算レートを1ポンド=200円として日本円に換算すると、660万円程というところか。平均でこの収入だとすると、結構もらっているんじゃない、と思われるむきもあるかもしれないが、1ポンドはざっくり言うと日本で100円程度の実質価値しかないため、実際の物価を考慮すると実質的な収入の価値はもっと低い。またデフレを脱却した日本から英国に旅行や仕事で来る人々が「英国の物価は高い!」と感じるのは、ただ単にポンド高だけが理由ではないのだ。
 
 日本のように公共交通機関が整っていないため、車通勤者が多い。その結果だろう、4割の世帯で2台を所有。携帯やパソコンの所有率もまあまあ高い。半数の世帯で何からのペットを飼っている。
 ここら辺は我が家にも多少当てはまる。共働きで車が2台、ただしフォードではないが。犬も飼っているし。ただ我が家の場合には、なぜかパソコンが4台あるけれど…。

 1週間あたりの平均的なお金の使い道をみたのがこちら。

average_spending

 4人構成の家族1週間あたりの平均支出は約600ポンド。日本円に換算すると12万円。個人的には、交通機関(Transportation)にずいぶんお金がかかっているようなのが気になるが、これは列車通勤者が平均値を押し上げているのだろうか。ちなみに、英国の列車はサービスが悪いのに途方もなく値段が高くて悪名が高い。私も列車通勤をしたことがあるが、毎月420ポンド≒8万5千円ほどかかった。しかも、英国では日本と違って通勤費など会社から出ないので、全て個人負担である(えぇっ)。

 最後に、英国では結婚したカップルの愛はどれだけ持続するのか、地域別の統計である。

Marital_status

 …というのは冗談としても、なかなか面白い地域像がこのデータから浮かび上がってくる。
 大都市圏では独身者の比率が高い。特にロンドン周辺(図右下)では広範にわたって「S」が分布している。日本でも、東京周辺では地方と比較して独身者の比率はぐんと高くなるはずだ。
 全体的にみて、離婚者「D」や再婚者「R」が多数分布しているのは、英国における離婚率の高さを反映していると言っていいだろう。これは人に聞いた話だが、現在英国での離婚率は50%をゆうに超えるとか。ひとごとながら悲しい話である。
 イングランド北部(一般的に、イングランド中部以南と比較して貧しい地域と言われる)では離婚者が再婚せずに暮らしているのが多数に対して、イングランド南部、特に南西部では再婚はとてもポピュラーらしい。これは地域文化のせいなのか、あるいはなんらかの経済的条件が関連しているのか良く分からないが、これだけはっきりと違いが出るのも面白い。
 ちなみにこの統計に限っては、1999年に作成されたデータをもとにしているそうだ。

 また2006年に両親と同居している20~24歳の独身男女の割合を調べた結果、男性では6割、女性では4割という結果がでたそうだ。日本では女性のほうが高い比率で両親と同居していると思われるのが、英国では男女が逆転しているのが面白い。英国女性は独立心が旺盛なのかも?

 外からはなかなか実感するのが難しい英国での平均的な暮らしぶり、これらの数字からぼんやりと見えてくるのではないだろうか。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。