スペイン

いきなりスペインへ

 今スペインの南部、カルタヘナ(またはカータヘーニャ、Cartagena)という街の近くでこの記事を書いている。

 家人は思い立ったが吉日な人間で、今回も月曜日の昼にスペインへ旅行に行くことを決意。当然ながら実現するには私の同意を得なければならないわけだが、最終的にめでたく同意を得たのち、二人して旅行の準備に奔走。

 そして約14時間後、火曜日の夜中の3時に家を出発した(笑。

 普通なら飛行機で行くとこだろうが、我々の場合はドライブ旅行である。しかもバイクを持っていくためにトレーラーを車の後ろに引っ張っての遠距離ドライブ旅行だ。

 英仏海峡を越え、更にフランス国境を越えてスペインに入国した後に予約したホテルで一泊。ここまででおよそ17時間かかった。二日目はさらに南下して、およそ8時間後に目的地に着いた。
 
 今滞在しているのはイスラ・プラナ(Isla Plana)という、昔は小さな漁村だったと思われる、のんびりとした小さな町。一番近くの大きな街はカルタヘナ(Cartagena)といい、この街は紀元前にカルタゴ人が国外拠点の一つとして築いた商港だ。地中海に面したこの街は、今でもスペインでも有数の商港都市らしい。どうりで近辺を通った際にコンテナ積載地や大型の運搬拠点と思われる建物を沢山見かけたわけだ。

 まだ観光はしていないのだが、近場のビーチを訪れて浜辺を歩いているときに、「天国」という言葉が浮かんだのである(笑。今は11月の中旬過ぎ、イギリスでは各地で雪が積もったと、スペインの抜けるような青空の下、ニュースで読んだ。私がいるスペイン南部は日中の気温が15度以上、日差しの下での体感温度は20度ちょっとくらいだろうか。空気はからりと乾いており、絶妙な加減のそよ風が七分袖から出た手首に優しくあたる。海はほぼ凪、3m程下の青緑色の海底が透き通った水を通してはっきりと見える。しかも、年間平均気温が15度程度というから、一年中とても温暖な気候なのだ。

 海岸沿いで見かける人々に高齢者が多いのも、入ったレストランでスペイン語以外(ドイツ語や英語)を話す高齢者がいるのも、うなずけるわけだ。スペインはヨーロッパ北部に比べて物価が安く、また2008年のリーマンショックで経済も打撃を受けた影響で、おそらく一時高騰した不動産価格も下落して、今は手に入りやすい価格になっているに違いない。私が滞在しているような小さな街はなおさらでだろう。

 暖かい日差しの下、白い波頭があまり立たないほど控えめに浜辺に寄せる波を眺めていると、その緩慢なリズムに誘われて心も脳みそもするりと溶けていってしまいそうな感覚に襲われた。

 脳みそが溶けても構わない年齢になったら(笑、こういう温暖なところで暮らすのもありかもしれない。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。