国籍

Brexit、米国大統領選…、選挙権というもの

 英国のEU残留・離脱を英国民に問う国民投票では離脱、いわゆるBrexit が多数票を取り、米国大統領選では事前予想をすべて覆す結果となった。将来2016年を振り返った時に、民主主義の骨幹である国民の意を問う投票という仕組みが実際に国家の将来利益につながる国家的意思決定をもたらすことができるかどうか、という問いを投げかけた一年になるのではないかと想像している。

 いずれにせよ、それぞれの結果は出てしまっており、結果分析はこの世に星の数ほど出ているから、ここでは敢えて触れない。

 英国のEU残留・離脱の国民投票に関しては、投票前に私の知人・友人達の間でもずいぶん色々な議論で盛り上がったが、その際に(当然といえば当然だが)私はどちらに投票するかと尋ねられることも多かった。その際に、「もし投票できるならば…、」と口を開くと、「え、投票できるんじゃないの?」と随分驚かれたものだ。

 簡潔に言えば、私は英国での投票権を持っていない。

 理由は英国市民ではないからである。これを説明すると、「でも英国市民と結婚しているんだから、英国市民じゃないの?」と畳みかけられる。そう、英国市民と結婚して英国在住ならば、自動的に英国市民権を与えられるわけではないが、英国市民権を得ることは可能なのだ。英語でのコミュニケーションに問題がないことを証明するテストを受け、英国の歴史・文化に関する基礎知識があることを証明する試験も受け、それらに合格したうえで各種必要書類がそろえば、英国市民権を獲得できる。

 ここで、もう少し書き加えておくと、実は英国市民でなくても投票できる人たちがいる。コモンウェルス(Commonwelth)と呼ばれる英国植民地支配下にあった国々の出身で特定の条件を満たす人々、及び、アイルランド国籍保有者だ。当然ながら英国に在住していることが基本条件だが。

 ただし、である。問題は英国で市民権を獲得できるかどうかではなく、日本人として多国籍を獲得できるかという点なのだ。

 この点に関しては、日本でも某国会議員に関する話題でかなり詳細にメディアに取り上げられて一般に認知されるようになったらしいが、念のためにもう一度ここでも書いておくと、日本政府は日本人の二重国籍保有を認めておらず、もっと明確に言うならば、日本人が多国籍を「意志的に」獲得した場合、日本国籍を失うことになることになるのだ。まぁ、こっそり米国あたりの市民権を獲得して密かに二重国籍を保有している海外在住日本人も多いことと思うが、上記が正式なところである。この事実を知らずに日本帰国時に外国パスポートを成田で見せたが故に、実際に日本国籍はく奪の憂き目にあった日本人もいると聞く(これも色んな意味でなんだかなぁ…、、と思わせられる話だが)。ちなみに、国籍はく奪はそれまでに払った年金もパーになるし、日本に残した銀行預金等の財産を失うことにもなりかねないし、戸籍から除籍されるから遺産相続等にも問題が生じるはずだ。21世紀において二重国籍を認めない国も国際的に珍しいくらいだと思うし、難民受け入れに関する日本政府の否定的な姿勢といい、国際的な人の動きが日常である今日において、時代錯誤的に閉鎖的だと言わざるを得ない。

 私は英国移住後に上記以外にも様々な点を考慮した上で、英国市民権を獲得しないことに決めたのだ。日本のパスポートがあれば大体どこの国へも入国できるから、特に英国パスポートの必要を感じないというのも理由の一つ。だから英国での私のポジションは「住民ビザ(Residential Visa)」を持って英国に居住している外国人移民である。

 日々の生活に影響を及ぼす重要事項に関して投票できないというのは、なかなか歯がゆいもの。だから一歩引いて傍観者を決め込んで政治討論を聞くことにしている。

 投票権は空気と同じ、無くなったり使えなくなったりするとその有難味が分かる(笑。持っている人は使う機会のある時にきちんと投票権を行使しよう。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。