英国

田舎での日々の買い物

 渡英して10余年、今までを振り返ると、都会より田舎での暮らしの方が断然長い。
 さらに一般の英国人よりも英国内の様々な地方で、しかも(ドの付く)田舎で暮らした機会が多いと、胸を張って言える(詳しくは前回の記事を参照のこと)。

 そういう海外の田舎で暮らしていると、日本人はもちろん、英国人からもよく「普段の買い物はどうするの?」と尋ねられることがある。

 私自身、日本では東京都心、自宅から500m以内にスーパーはもちろん、コンビニが数件あるような環境に暮らしていたので、そこからいきなり今暮らしているような英国の田舎に引っ越していたらやはり面食らっただろうと思し、こういう質問も出てきたはずだ。

 答えは二つ。田舎暮らしには必須の自動車運転免許を獲得して、片道10分~30分余りの運転をものともせずに買い物に行く。または、スーパーのオンラインショッピングを利用して宅配してもらうのだ。

 英国のスーパーのオンラインショッピングサービスは日本よりも早くに始まったし、より一般的に普及していると思う。先駆けのひとつがオカド(www.ocado.com)というオンラインスーパーに特化した会社で、昨年「顧客10周年記念おめでとうございます」メールが来て驚かされたから、オカドは2006年には既にサービスを開始していたことになる。残念ながらオカドはロンドンを中心としたイングランド南西部にしかサービスを展開していないのだが、2010年ごろから英国大手スーパーはどれも宅配サービスを始めているので、私は今は地域でサービスが利用できるスーパーを使っている。

 一般にどのスーパー宅配サービスも、支払う送料や年間購読プランに応じて、1時間枠の宅配時間を指定できるものから、数時間枠の宅配枠まで指定できる。私は1時間枠の宅配時間を指定可能なプランに登録しているが、年間で60ポンド(日本円で一万円~一万5千円程)払えば何回でもいつでも宅配をお願いできるので、重宝している。

 「でも年間プランで囲い込まれると、他のスーパーよりも高い買い物させられたりしない?」と思う方もいるだろう。私もそう考えたことがあるのだが、どっこい英国におけるスーパー間の競争は熾烈だ。大手スーパー4、5社内では日々価格を比較しあっており、私が注文した商品も「他のスーパーでは(セール等で)お安くなっていましたので、その分返金いたします」と、決済時にきっちり差額分を返してくれるのだ。日本でいう、チラシを見比べて安いスーパーに行く、ようなことを、スーパーが代わりにやってくれると考えると分かりやすいだろうか。

 時間のある時にオンラインで商品リストをささっと作って事前に注文しておけば、自分で店に行かなくて済むし、レジに並ぶ必要もない上、そこまで至れり尽くせりやってくれると、スーパーの宅配サービスを使わない方がもったいない。少なくとも私はそう思う。それでも私の周りでは特に生鮮食料品の選択を他人に任せるのに抵抗があるという人がまだ多いが、これに関してももし鮮度に問題があるようなら、配達後でもスーパーに連絡して商品分を返金してもらうことも可能だ。

 また応用編として、仕事や旅行でしばらく家を空けるような場合には、帰宅後に届くように食料品の宅配を事前に手配しておけば(多くのスーパーで最大3週間位先まで配達予約が可能)、家に戻ってから改めて買い物に行く必要もなく、すんなりと普段の生活に戻ることができる。

 スーパーで取り扱いのないモノや、どうしても(肉屋や魚屋のような)専門店で買い物したい場合には、自分で車を出して買い物に行くが、宅配とうまく組み合わせることで、時間も手間もずいぶん削減することができる。

 車を出すのをためらうような、冬の横殴りの雨が降る中でも、道路が凍てつき雪の積もる日にも、夏の暑い日差しの下でも、朝でも夕でも、指定した時間にきっちりと届けてくれるスーパーの宅配業者さん達。彼らのおかげで私の手間暇が省けて大助かりだが、逆にいつもお世話になっていて頭が下がる思いである。

 結局何が言いたかったかというと、英国の田舎暮らしでも普段の日々の買い物に困ることは全然ないということだ。21世紀の田舎暮らし、万歳である。

 また、英国の田舎暮らしの普段の様子についても、色々と書いていこうと思うので、ご期待を。
スポンサーサイト

英国内での引っ越しと引っ越し業者

 幼少期から大学に入る頃まで、親の仕事の関係で引っ越しを多く経験した子供時代だったが、英国に移住後もこんなに引っ越しするとは思わなかった。

 今年で渡英後13年になるが、今まで英国内7か所を転々と移り住んできた。平均して2年弱に一回の割合で引っ越ししたことになる。

 住んだ土地も、ロンドンをスタートとしてイングランド南西部で2、3 か所、イングランド北西部で2 か所ほど、そしてイーストアングリアと呼ばれる、イングランド東部と、ずいぶん広範囲にわたる。日本的に言えば、例えば関西圏内で引っ越ししたあとに東北地方に移り、それから四国に引っ越してから次は北越地方に引っ越すようなものだろうか。外国人なのに、普通の英国人と比べても随分違う地方を渡り歩いてきたと胸を張って言える(だから?)。

 家財道具が少ないうちは、白バン車で何回か往復して荷物を運んだりしたが、何回目からかは忙しすぎてそんなこともしておられず、また引っ越し距離が伸びたこともあって、引っ越し業者の梱包も含めた引っ越しプランを使って楽をさせてもらった。

 というものの、英国引っ越し業者の梱包や搬送は、やはり日本のそれと比べるとどうしも荒っぽく感じる。当然ながらあちらもプロなので、物品にダメージを与えることは(あまり)ないものの、ちょっとした荷物の上げ下ろしの際に、え、そんなに荒っぽく置かないで!と思わされたり、上下が指定してあるにもかかわらず、横向きに運んでいたり。食器等の梱包の丁寧さはどうも担当の人に依るようだが、日本の和食器を包む要領を期待すると、やはりなんといういうか、デリカシーのない包み方・詰め方だなぁと開梱時に思わされることも多々である。

 常々思うのが、日本の和食器というものが、形も多様なうえ、磁器より強度の低い焼き物などもあるし、また漆の食器などもこすってキズが付かないように気を付けないといけない、などなど、多岐にわたる気遣いを必要とするものであるから、日本の引っ越し業者の梱包は、世界一丁寧なのではないかと思う。さらに、屋内では靴を脱ぐのは日本では当然として、さらに床やカーペットにいかなる汚れやダメージも許さない、世界一厳しい顧客であろう日本人相手に引っ越しの仕事を請け負うわけだから、これに勝る引っ越し業者は他国にはいないのではないか。

 そういう引っ越し業者を見ながら子供の頃から数ある引っ越しを経験した後で英国の引っ越し業者の仕事ぶりを見ると、どうしてもハラハラしてしまう。

 また、段ボール箱を閉じるのに使ういわゆるガムテープも、英国のそれは一般的に質が悪く、テープの上に重ね貼りするとあっけなくはがれてくるし、英国で一般的に手に入る油性ペンの類はすぐ書けなくなる。こういう、普通だったら小さなイライラも、てんやわんやで荷造り、搬出作業を行っている最中には、それなりに大きなイライラになる。

 幸いながら渡英して何年か経つと、郷に入っては郷に従えではないが、さまざまな「英国あるある」に慣れざるを得ないために、その手のストレス耐性がだんだん高まってくるのが普通である。言い換えれば、それはそれとしてある程度許容してしまうのだ。これは、渡英後に舌の感度が英国での料理に応じてだんだんと落ちてくる(「舌が肥える」の反対)のと一緒である(笑。だから私も渡英直後だったら悲鳴を上げていたかもしれないような引っ越し中の出来事も、淡々と受け入れるようになった。ような気がする。

 とは言いつつも、英国などある程度先進国ならば引っ越し業者を使うこともできるが、発展途上国への引っ越しなどは私の想像もつかないようなびっくりと困難が沢山あるのだろう。

 以上、最後の引っ越し後の最後のダンボール箱を片付けながら徒然に思ったことである。それにしても引っ越しは当分勘弁したい…。

Brexit、米国大統領選…、選挙権というもの

 英国のEU残留・離脱を英国民に問う国民投票では離脱、いわゆるBrexit が多数票を取り、米国大統領選では事前予想をすべて覆す結果となった。将来2016年を振り返った時に、民主主義の骨幹である国民の意を問う投票という仕組みが実際に国家の将来利益につながる国家的意思決定をもたらすことができるかどうか、という問いを投げかけた一年になるのではないかと想像している。

 いずれにせよ、それぞれの結果は出てしまっており、結果分析はこの世に星の数ほど出ているから、ここでは敢えて触れない。

 英国のEU残留・離脱の国民投票に関しては、投票前に私の知人・友人達の間でもずいぶん色々な議論で盛り上がったが、その際に(当然といえば当然だが)私はどちらに投票するかと尋ねられることも多かった。その際に、「もし投票できるならば…、」と口を開くと、「え、投票できるんじゃないの?」と随分驚かれたものだ。

 簡潔に言えば、私は英国での投票権を持っていない。

 理由は英国市民ではないからである。これを説明すると、「でも英国市民と結婚しているんだから、英国市民じゃないの?」と畳みかけられる。そう、英国市民と結婚して英国在住ならば、自動的に英国市民権を与えられるわけではないが、英国市民権を得ることは可能なのだ。英語でのコミュニケーションに問題がないことを証明するテストを受け、英国の歴史・文化に関する基礎知識があることを証明する試験も受け、それらに合格したうえで各種必要書類がそろえば、英国市民権を獲得できる。

 ここで、もう少し書き加えておくと、実は英国市民でなくても投票できる人たちがいる。コモンウェルス(Commonwelth)と呼ばれる英国植民地支配下にあった国々の出身で特定の条件を満たす人々、及び、アイルランド国籍保有者だ。当然ながら英国に在住していることが基本条件だが。

 ただし、である。問題は英国で市民権を獲得できるかどうかではなく、日本人として多国籍を獲得できるかという点なのだ。

 この点に関しては、日本でも某国会議員に関する話題でかなり詳細にメディアに取り上げられて一般に認知されるようになったらしいが、念のためにもう一度ここでも書いておくと、日本政府は日本人の二重国籍保有を認めておらず、もっと明確に言うならば、日本人が多国籍を「意志的に」獲得した場合、日本国籍を失うことになることになるのだ。まぁ、こっそり米国あたりの市民権を獲得して密かに二重国籍を保有している海外在住日本人も多いことと思うが、上記が正式なところである。この事実を知らずに日本帰国時に外国パスポートを成田で見せたが故に、実際に日本国籍はく奪の憂き目にあった日本人もいると聞く(これも色んな意味でなんだかなぁ…、、と思わせられる話だが)。ちなみに、国籍はく奪はそれまでに払った年金もパーになるし、日本に残した銀行預金等の財産を失うことにもなりかねないし、戸籍から除籍されるから遺産相続等にも問題が生じるはずだ。21世紀において二重国籍を認めない国も国際的に珍しいくらいだと思うし、難民受け入れに関する日本政府の否定的な姿勢といい、国際的な人の動きが日常である今日において、時代錯誤的に閉鎖的だと言わざるを得ない。

 私は英国移住後に上記以外にも様々な点を考慮した上で、英国市民権を獲得しないことに決めたのだ。日本のパスポートがあれば大体どこの国へも入国できるから、特に英国パスポートの必要を感じないというのも理由の一つ。だから英国での私のポジションは「住民ビザ(Residential Visa)」を持って英国に居住している外国人移民である。

 日々の生活に影響を及ぼす重要事項に関して投票できないというのは、なかなか歯がゆいもの。だから一歩引いて傍観者を決め込んで政治討論を聞くことにしている。

 投票権は空気と同じ、無くなったり使えなくなったりするとその有難味が分かる(笑。持っている人は使う機会のある時にきちんと投票権を行使しよう。

人の名前と記憶のメカニズム

 人の名前を覚えるのが苦手だ。

 中高の頃、同じクラスの人名と顔はさすがに覚えたが、隣のクラスとなると分からない人が沢山いた。校舎も違うクラスの人のことを同じクラスの人のことのように話す友人を、どうしてそんな離れ業ができるのかと思いながら眺めていた。

 社会に入って仕事で人に会うようになると、貰った名刺の裏にその人に関連する情報を書き込んで、後で見て顔と名前を一致させられるようにしていた。顔はなんとなく覚えても、名前をすんなりと覚えられないのだ。それでも、漢字とは便利なもので、正確な名前を思い出せない時でも、確か字面がこんな感じだった、とぼんやり思い出せることも多い。

 だが、渡英してからはそうはいかない。更に、「ジョンさん、そう思いませんか?」のように、会話の合間に相手の名前を挟んでいくのが(必須ではないが)丁寧だとされる文化圏である。相手の名前を思い出せなくても一時間以上会話を進めることも可能な日本とは訳が違う。人の名前はきちんと覚えねばならない。私のように人の名前を覚えるのが苦手な人間には結構プレッシャーである。

 さらに、ファーストネームは聞いても姓は知らないというケースも多い。というかカジュアルな挨拶はこのケースがほとんどだ。となるとファーストネームだけなので、覚えるのは簡単だろうと思いきや、これが手掛かりが少なすぎて逆に覚えづらい。日本のように字面で覚えるという手もきかない。会った直後は覚えていても、その後きれいすっかり忘れてしまったことも多い。

 人の名前に関して一番神経を使うのが、夫婦同席でディナー等に招待された時である。他にも招待客がいると、それぞれのカップルの名前も憶えないといけないし、ホストの子供の名前も一応覚えなければならない。ペットの犬や猫も紹介されることもある(笑。グラスを重ねるうちに誰の名前がなんだったか思い出せなくて、家人に耳打ちして教えてもらうことも多い。こんな調子だから、私は外交官やその家族として勤めるのはまずムリである。

 また私の場合、当然ながら日本人としてある意味目立つため、相手が私のことを覚えていてくれて後日声をかけてくれても、私の方でその人の顔すら覚えていなくて、相手に気まずい思いをさせてしまったこともある。これは名前を覚えられない以前の問題だが。私は事件の目撃者としてもきっと使い物にならないのだろう。

 やっと英国の人名を覚えるのがそれほど苦ではなくなったかと、ふと気が付いたのは、渡英後5年以上たった頃だろうか。慣れと行ってしまえばそれまでだが、実は記憶のメカニズムが微妙に変わったのではないかと、個人的には思っている。なぜなら、表意文字である漢字の字面で覚えるというのは、名前(の読み)自体だけでなく、使われた漢字自体の意味や形という、付加情報も加えて記憶しているのに対して、アルファベットの人名はほぼ読みという情報しか含まれないからだ。もちろん、聖書や物語、小説などにでてくる人名ではそれと絡んで記憶するということもできなくはないが、例えば「ジョン」や「ピーター」は一般的に使われすぎているため、いちいち聖書と絡めて覚える名前ではなくなってる。つまり、付加情報はないと言っていいだろう。英国で多いインド系の名前も、意味が分からない日本人に記憶されるのは名前の読みだけである。

 以前と比べて人の名前を覚えるのが得意になったとは特に感じていない。英国での人名記憶に関して苦手意識が消えたという認識だ。それでも、今日本に帰国しての人名記憶と昔のそれとを比較したら、違いが出るのかどうか、少し気になる。他言語におけるこういった記憶のメカニズムについての調査結果があれば、見てみたいものだ。

イギリスの食材・肉編 - ラム・ネック

 イギリスに暮らし始めて間もなくの頃、これは美味しい!と思ったものが二つある。一つはじゃがいも。もう一つがラム肉だ。

 このブログでも初春に何度か子羊の記事を書いているが、英国全土で羊の放牧は一般的で、少し田舎に行くと緑色の牧場に白い羊が点々としているのを見ることができるし、パブやレストランでも牛肉、鶏肉、豚肉に加えて、ラムもごく普通にメニューに載っている。スーパーでも普通に手に入るラム肉は、英国では一般に親しまれている、ごく普通の食材だ。

 ここで、日本では羊肉というと一般的にマトンが思い浮かばれるが、英国で食されるのはラムだ。マトンが一年以上の大人の羊肉に対して、ラムは一年以下のまだ若くて幼い羊の肉。マトンに比べて肉質が柔らかく、マトン特有のにおいもない。

 どこ産のラムも普通に美味しいが、牛肉はスコットランドのアバディーン州で産される牛肉が有名なように、ラムはウェールズ産のものがウェルシュ・ラムと呼ばれて、美味しいとされている。

 日曜日のロースト料理では、ビーフやチキンのほかに、ラムの脚もよくローストに使われる。ラム・チョップでもそうだが、ラムのローストにはミントソースが欠かせない。ラムは比較的脂が強いが、ラムの肉の風味と脂も含んだジューシーな肉にすっきりさっぱりとしたミントソースの風味がよく合うのだ。ラム・ローストはまだ比較的日本でもなじみの薄い料理だと思うが、イギリスで最初に食べた時に、なんて美味しい肉だろうかと、ラム肉の旨さに開眼したのである。

 今回のお題であるラムの首肉は、肉屋はもちろん、少し気が利いたスーパーの肉カウンターでも手に入る食材だが、まだまだ一般的にはマイナーな部位だと思う。私は見慣れない食材を見ると買いたくなる質なので(笑、初めて肉屋で目にした時に即購入したのだが、ラムの首フィレ肉は思ったよりも高かった。シチューにするとうまいよ、という肉屋のおやじさんの言葉を頼りに、それなりのお値段を払った(といってもたかがしれてはいるが)肉を旨い料理にするべく、とりあえず煮込みにしてみようと取りかかったのが下の図である。


美味しいシチューに生まれ変わる前のラムの首フィレ肉

英国 イギリス 食べ物 食材 食物 羊 ラム 首 肉



 これが、実に美味しいシチューだった。首肉という部位柄、もしかすると筋っぽかったりするのかと思ったが、そもそもそんなに固くない肉質らしい。弱火で比較的長い時間煮込んだのも功を奏したのか、ほろりと崩れながらもしっかりとうま味を保持している肉と、肉からでたうま味がしみ込んだ野菜が美味で、家人共々美味しいおいしいと、あっという間に食べてしまった。肉の風味も、なんというかうま味の中に甘味を感じる肉という印象だ。

 煮込むほかにもオーブンでローストしたりと、料理方法が色々とあるようだが、我が家ではラム首肉は今回ヒットした煮込みで今後しばらくアプローチすることになりそうだ。ラムの首フィレ肉、在英でまだ食べたことのない方は、是非トライしてみることをお勧めしたい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。