写真

季節の移ろいは早くて…

 季節はゆっくり流れているようで、実は日々着実に移ろっていく。

10月下旬から11月上旬にかけて、どんどん紅葉が進んでいった。毎日見ているとあまり気がつかないのだが、写真を整理していて、同じ風景でも一週間も経たないうちに趣が変わってしまったのに気がついた。

 下は犬の散歩コースの途中の風景。11月上旬に5日程前後して同じ地点で取ったもの。枝先から幹に向かって紅葉が進んでいるのがよく分かる。
30_Oct 4_Nov

 どの年の紅葉も、その年一度限り。その年、その年、じっくりと楽しみたいもの。でも今年は今までより細やかな季節の移ろいに気がつくことができるのも、犬の散歩のお陰。犬に感謝(笑)、かな。
スポンサーサイト

秋の色

 今年の冬は寒くなりそうな予感がする。10月下旬から綺麗に発色し出した紅葉を見て、なんとなくそう思う。今年は木が木の実を沢山つけていて、これは寒い冬がくるサインだとも知人に聞いた。
 
 写真は、勤務先のチッペナム(Chippenham)の中心を流れるエイボン川(River Avon)に映える紅葉を撮ったもの。
Autumn_leaves_over_Rive_Avon 11月2日撮影

早朝の影絵

 日に日に日が短くなっていく。最近は、犬と一緒に起きる時間には、外がまだ真っ暗だ。朝の冷え込みも暗さとともに度を強めていっている。

 下の写真は、そんな早朝に窓から見えた景色。昔子供の頃によく読んだ絵本の影絵のような影の濃淡を写し込むことができた。なんだか墨絵のようでもある。
morning twilight

10月20日、自宅台所より撮影。

雨間の風景

 ここのところずっと雨模様の天気が続いていたが、ようやく少し気持ちの良い晴れ間が続くようになった。

 雨が降った後は空気がきれいに洗われて、何もかもがとてもクリアに見える。風景を見ていると、こちらの気持ちまで洗われるようだ。下の写真はそんな晴れ間に空を流れていく雲を撮ったもの。
Clouds

コントラストも強く、露出が雲に合っているので、爽やかな風景の様子が上手く伝わらないかもしれないが…。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。