2016年09月

アマゾン エコー(Amazon Echo) を使ってみて

 我が家にアレクサ嬢がやってきた。

 アレクサとはアマゾンの音声コマンド端末、エコー(Echo)で使われている女性の声の名前である。エコーはアメリカで先行発売され、つい今週イギリスでも予約販売分が発送開始されたが、新しモノ好きな家人が購入予約したおかげで、我が家にも本日エコーが届いたのだ。

 セットアップ後、まだ半日使ってみただけだが、迅速で適切なレスポンスがすごいというのが、第一印象だ。

 まず、箱を開けると円柱状のエコーが顔を出す。箱の作りもしっかりしているし、簡単に言うなら製品を箱から取り出す時に「何か良いものを買った」という気持にさせるパッケージデザインだ。エコー本体の他には、電源ケーブルが入っている程度。とても小さなスタートアップマニュアルが同封されているだけで、「電源を入れて即使えますよ」という恰好だ。

 本体を電源につなげた次には、Wi-Fiの設定等のために手持ちのスマートフォンにアマゾン・エコーのアプリをインストールする必要がある。アプリ上でアマゾンのアカウントにログインした後、アプリ経由でエコーを自宅のWi-Fiに接続。また、エコーは「エコー」、「アレクサ」、「アマゾン」と三つの呼びかけに反応するので、どの呼びかけを使うかをここで指定する。我が家は「アレクサ」を選択した。これで基本的にエコーが使える状態になる。実にシンプルだ。

 この状態で既に、アマゾンのアカウントに登録されているユーザーの住所情報に基づいて天気予報を教えてくれたり、デフォルトで設定されているニュース・ソースから(イギリスではスカイニュースがデフォルトのニュース源になっている)、その日のトップニュースを読み上げてくれる(正確に言うとポッドキャストを流してくれる)。アマゾンでの最後の買い物の内容もアマゾンのデータベースから引っ張り出してくるし、アマゾンのオーディオ本ショップであるオーディブル(Audible)で購入して今聞いている途中の本があれば、その続きから再生してくれる。円柱状の本体内に内蔵されているスピーカーからの音質も、音楽とニュースなどの音声ともに低音・高温のバランスが良くて聞きやすく、ボーズなどの無線スピーカー程の音質ではないかもしれないが、かなり良い音質で長時間聞いていても耳が疲れない。

 初期設定を済ませただけの状態でこれだけやってくれるのだ。色んな意味ですごい。

 すごいと思う一つ目が、繰り返しになるが、エコーの応答速度だ。呼びかけに反応して(上記の三種類以外の呼びかけには反応しない)マイクを起動し、音声をアップロードしてコマンド内容を解析、文脈に応じた質問理解がされてから、回答データをダウンロード、音声再生しているわけだが、応答にタイムラグがほぼ感じられない。当然ながら応答時間は各家庭のインターネット接続環境に依るので一概には言えないが、ダウンロード速度が4M程度の我が家のブロードバンド環境での感想である。ちなみに、エコーが受け付けた音声コマンドは、ウェブ上のアレクサのインターフェース(スマホ用アプリとほぼ同じ操作画面)でも再生できる。
 
 すごい二つ目が、アマゾンが今日提供するサービスの幅広さを再認識させられる点である。オーディオ・ブックについては既に記したが、アマゾン・プライム会員ならばアマゾンが提供する音楽ストリーミングサービスを通じて、エコーが様々な音楽を再生可能だ。イギリスでこれだから、本家アメリカでは食品販売も初めてしばらく経つことだし、アマゾンを通じた受け取るオンライン・ショッピングとサービスのバラエティと量は半端ないはず。アマゾンの「受付嬢」としてエコー(またはアレクサ嬢)がコミュニケーションすることができる情報量も相当なものになるはずだ。

 すごい三つめが、エコーのポテンシャルである。エコーでは様々なアプリを連携させることができ、アプリは総称して「スキル」と呼ばれる。アプリを連携すればするほど、アレクサ嬢がこなせる仕事が増えるという意味合いでこういう呼称になったのだろう。このスキルには、Uberを始め出前サービスのオンラインサイトや、スマートハウス用IoT(Internet of Things)端末など様々なものがリストされている。今後、このリストは延々と長くなっていくことが予想される。これら様々なアプリの一例として、エアコンの空調を管理するためのスマートハウス対応サーモスタットが装備されている家では、エコーを通じて設定温度を上げたり下げたりすることができるし、同様にスマートハウス対応照明では音声コマンドで照明をコントロールすることができる。ただ、これらは実は些末な例であり、様々なIoT端末とそれを束ねるエコーのようなインターフェースが統合されて可能となる家庭内事象の自動化の可能性は計り知れない。IFTTT.comを始めとした、様々なアプリ及びデバイス統合ツールを使えば、実に複雑かつ便利な家庭内でのアプリケーションを個人で簡単に作成することができる。
 
 …と言っても実感が湧かない人が多いかもしれないので、ここで簡単なアプリケーション例を考えてみよう。スマホのGPS位置が自宅の5㎞以内になったら自動的に風呂を入れ、冬場なら暖房を入れて、仕事から帰って玄関のドアを開けると快適な室内気温になるように、IFTTTのようなツールを使ってプログラムしておく。留守中に自宅にかかってきた電話はSkypeのような音声チャットアプリに転送され、帰宅後にエコーから留守電メッセージが再生される。夕飯の支度をしながら、気になったテレビ番組の録画を、エコーを通じて予約しておく。冬場、凍てつく早朝に車を出す際には、エコーを通じて車のエンジンをスタート、車内暖房をかけ、ドアから出る際には車の窓の霜もとけてすぐに出発できるようにしておく。
 当然ながら、この仮想例では車や空調その他もすべて「スマート」であり、Wi-Fi接続可能なのが前提だが。

 IoT統合インターフェースのすごくて同時に怖いところは、人々の生活パターンや買い物情報等の本当にプライベートな情報を吸い上げていくことだ。エコーを販売するアマゾンには、エコー使用者の膨大なデータが日々送られてくるわけで、このデータは貴重だ。グーグルもエコーに相当する機器を開発中だと聞くが、これらインターフェース機器が企業にもたらすデータの価値を考えれば、確かに先見の明のある企業ならばこのエリアに進出しない手はないと思わされる。また、エコーを始めとして各種スマート機器は学習していくことが可能なものが多い。今はできないことが沢山あっても、吸い上げた膨大なデータを基に学習していけば将来できることは増えていく。例えば、与えられた音声コマンドやリクエストに応えることができなくても、エコーが代わりの提案をしてくる、ということも将来的にはあり得るだろうし、それを応用して、新手のマーケティング手段として、エコーのようにユーザーのすぐ目の前にある音声インターフェースを使うことを考える企業も当然出てくるはずだ。というか、アマゾンなどはきっと既にそこまで考えているのではないかと思う。

 また時間があれば、エコーの継続使用後レビューも書いてみる、かもしれない。
スポンサーサイト

人の名前と記憶のメカニズム

 人の名前を覚えるのが苦手だ。

 中高の頃、同じクラスの人名と顔はさすがに覚えたが、隣のクラスとなると分からない人が沢山いた。校舎も違うクラスの人のことを同じクラスの人のことのように話す友人を、どうしてそんな離れ業ができるのかと思いながら眺めていた。

 社会に入って仕事で人に会うようになると、貰った名刺の裏にその人に関連する情報を書き込んで、後で見て顔と名前を一致させられるようにしていた。顔はなんとなく覚えても、名前をすんなりと覚えられないのだ。それでも、漢字とは便利なもので、正確な名前を思い出せない時でも、確か字面がこんな感じだった、とぼんやり思い出せることも多い。

 だが、渡英してからはそうはいかない。更に、「ジョンさん、そう思いませんか?」のように、会話の合間に相手の名前を挟んでいくのが(必須ではないが)丁寧だとされる文化圏である。相手の名前を思い出せなくても一時間以上会話を進めることも可能な日本とは訳が違う。人の名前はきちんと覚えねばならない。私のように人の名前を覚えるのが苦手な人間には結構プレッシャーである。

 さらに、ファーストネームは聞いても姓は知らないというケースも多い。というかカジュアルな挨拶はこのケースがほとんどだ。となるとファーストネームだけなので、覚えるのは簡単だろうと思いきや、これが手掛かりが少なすぎて逆に覚えづらい。日本のように字面で覚えるという手もきかない。会った直後は覚えていても、その後きれいすっかり忘れてしまったことも多い。

 人の名前に関して一番神経を使うのが、夫婦同席でディナー等に招待された時である。他にも招待客がいると、それぞれのカップルの名前も憶えないといけないし、ホストの子供の名前も一応覚えなければならない。ペットの犬や猫も紹介されることもある(笑。グラスを重ねるうちに誰の名前がなんだったか思い出せなくて、家人に耳打ちして教えてもらうことも多い。こんな調子だから、私は外交官やその家族として勤めるのはまずムリである。

 また私の場合、当然ながら日本人としてある意味目立つため、相手が私のことを覚えていてくれて後日声をかけてくれても、私の方でその人の顔すら覚えていなくて、相手に気まずい思いをさせてしまったこともある。これは名前を覚えられない以前の問題だが。私は事件の目撃者としてもきっと使い物にならないのだろう。

 やっと英国の人名を覚えるのがそれほど苦ではなくなったかと、ふと気が付いたのは、渡英後5年以上たった頃だろうか。慣れと行ってしまえばそれまでだが、実は記憶のメカニズムが微妙に変わったのではないかと、個人的には思っている。なぜなら、表意文字である漢字の字面で覚えるというのは、名前(の読み)自体だけでなく、使われた漢字自体の意味や形という、付加情報も加えて記憶しているのに対して、アルファベットの人名はほぼ読みという情報しか含まれないからだ。もちろん、聖書や物語、小説などにでてくる人名ではそれと絡んで記憶するということもできなくはないが、例えば「ジョン」や「ピーター」は一般的に使われすぎているため、いちいち聖書と絡めて覚える名前ではなくなってる。つまり、付加情報はないと言っていいだろう。英国で多いインド系の名前も、意味が分からない日本人に記憶されるのは名前の読みだけである。

 以前と比べて人の名前を覚えるのが得意になったとは特に感じていない。英国での人名記憶に関して苦手意識が消えたという認識だ。それでも、今日本に帰国しての人名記憶と昔のそれとを比較したら、違いが出るのかどうか、少し気になる。他言語におけるこういった記憶のメカニズムについての調査結果があれば、見てみたいものだ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。