スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

政治家の死

 先週土曜日に橋本龍太郎元首相が亡くなったことを、ついさっき知った。ちょうどイングランド対ポルトガルのワールドカップ戦があったから、英国のメディアはその話で持ちきりだったし、日本のニュースをしばらくフォローしていなかったから、ニュースを読んだ時には驚いた。

 別に個人的に好きだったわけでも、嫌いだったわけでもない。ただ、大物政治家の死というのは、その人が政権にいた時代を思い出させる。橋本氏が首相になったのは平成になってからだが、なぜか個人的には昭和の色が強く結びついている。’昭和の人’が、また一人去った。




ベルギー旅行の続きは、また後日アップする予定です(ずるずるとひきずってしまってますが…)。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。