スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベルギーへ(その4)

 ベルギーへ(その3)の続き。

 今回の旅行の目的である、友人の結婚式当日。以前から着物を着ていくことに決めていたが、海外で単を着るほど数は持っていない。当然袷になるのだが、既に6月中旬で、しかも恐ろしいほどに天気が良い。相当暑くなるだろうと、覚悟して出かけた。

 披露宴は広い庭園で行われたが、しかし、文字通りテントの「お陰」で、それ程暑い思いをしなくて済むのには助かった。それに着る側の苦労はさて置き、着物姿が他の招待客や花嫁達にも喜ばれると、苦労した甲斐があったと思う。また、きちんと正装しているという印象を与えるからだろう、色々と待遇が良くなるのは嬉しい。着物万歳!

 興味深かったのが、花嫁が少数の外国客のために英語でスピーチを行ったこと。公用語でないにも関わらず、それだけ普通に英語が解されるということだろう。実際に、話をした殆どの人は、英語での会話に全く問題が無かった。フランス語も公用語であることを考えると、皆一体何ヶ国語話せるのだろう。言語体系から考えれば、日本語ほどかけ離れている訳ではないので、各語の習得はそれ程難しくないのだろうが、複数言語を操ることができるのは、それだけで何となく羨ましい。
 それにしても、ベルギーはスローフードの国とは聞かされていたが、4時に始まった宴とディナーが花火で締めくくられて終わった頃には、12時もとうに過ぎてしまっていた…。

 旅行最終日には、英仏海峡までの帰途にブリュッセル(Bruxelles)とブルージュ(Bruges)に立ち寄った。

 ブリュッセルと言えば、国連本部があることで有名だ。でも、昼食の後にそれらしき建物をちらりと見ただけで、特に観光らしい観光もしないで、通り過ぎてしまった。アントワープと比べると、単なる大都市に見えてしまったのも理由の一つ。でも通りすがりに見えた赤線地区(ベルギーでは売買春は合法)の印象は強かった。綺麗な下着を着けたマネキンだと思って見たのが、実は生きた女性だったからだ。文字通り、ショーウィンドウで自分の「商品」である体を売りに出しているのだが、そこにはある種のバイタリティと、綺麗ごとばかりではない現実主義があるのを感じた。

 ブルージュは、アントワープ以前に港湾として栄えた街。15、16世紀の建築物が残り、今は観光で賑わっている。昔の栄華の名残と、小都市のこじんまりと落ち付いた雰囲気を同時に楽しむことができる、きれいな街だ。
Bruges Bruges_2

 やはりここでも、ビールを飲みながらまったりしたり、チョコレートショップのショーウィンドウを覗きながらぶらぶら歩いたりして、のんびりと時間を過ごした。

 帰りは、行きと同様に道路をすっ飛ばして(笑)、英仏海峡入り口に到着。するとあろうことか、再び「技術的な問題により」列車が1時間以上遅れるとのこと。あぁデジャヴ。仕方が無いので、同様に足止めをくって駐車している車を見て歩いて時間をつぶした。

 実は同じ週末にル・マン(Le Mans)24時間耐久レースが開催されていて、その帰りと思われる車が駐車場にも沢山見かけられた。色々なタイプの車がいて面白かったが、中でも個人的に目を引かれたのが、TVR サガリス(Sagaris)2台。タスカン(Tuscan)はたまに走っているのを見るが、サガリスを間近に見るのは初めてだ。スポイラーの形がユニーク。TVR独特のカメレオンカラーの深緑とシルバーだったが、こんなサガリス2台が並走するのを見る機会は、あまりないだろうと思う。
 
 家に到着した時には深夜になったが、今回はあちこちに足を運ぶことができて、とても満足。運転の他にも観光案内をしてくれた夫にも、この場を借りて感謝!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。