スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パリへ

 先週末にパリに遊びに行ってきた。パリはちょうど1年程前に訪れたのが最初で、今回は2度目となる。

 ユーロスターを使って行ったが、フランス側に入った後で、前方を走行していた通常列車が故障を起こしたため、前に進めず、予定時間より3時間以上遅れての到着となった。前回のベルギー旅行の際といい、今のところ英仏海峡トンネルを通って時間通りに着いたためしがない。相性でも悪いのだろうか。。ただ、この遅延のお詫びとして、今回のチケットを提示すれば次回の片道チケットがフリーになる、というアナウンスが流れた。それに対しての乗客からの閑散とした拍手は、それよりとにかく早く目的地に到着してくれ、という人々の気持ちを表していたようで、ちょっと苦笑。

 めぼしい観光名所は初回のパリ訪問で回ってしまっているので、今回は観光バスに乗ったりセーヌ川の観光クルーズに参加したりして、まったりと過ごす。ただエッフェル塔は今回初めて登ることになり、天気の良いパリの風景を塔から楽しむことができた。

 エッフェル塔は建築された当初は、じきに取り壊す予定だったのが、電波塔としての役割を果たすことで保存され、今に至っている。塔のてっぺんをよく見ると、沢山アンテナが付いているのが見える。要は東京タワーと同じだが、東京タワーが最初から電波塔として建築されたのに対して、エッフェル塔は建築された後に用途が出てきたところが面白い。
Eiffel Tower P1010233_mss.jpg

Lacy Shadow P1010270_s.jpg

 エッフェル塔の夜景。一定時刻になると、フラッシュのような光が塔全体で瞬いて、とても綺麗だった。右下はセーヌ川から望んだノートルダム寺院の夜景。
Eiffel Tower at night 34769273_58b1b06542.jpg

 今回、ノートルダム寺院の正面外壁に蛇で目隠しをされた女性がいるのに気づいた。イヴだろうか。
P1010369_mt.jpg

 他にも沢山写真を撮ったが、あまりに有名なパリの風景ということで目新しさに欠けるように思うので、、、今回はこれくらいで。

 それにしても、食べ物については食の大国フランスのこと、それなりに期待にかなった食事ができるのは当然なのかもしれないが、特にデザートに関して、大雑把(というと失礼かもしれないが)で量が多い英国のデザートより、大陸の繊細なつくりのデザートの方が、やはり日本人の口にあうと再認識した旅行でもあった。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。