スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安全というもの

 かれこれ2ヶ月ほどこちらの更新をお休みしてしまった。
主な理由は仕事が忙しかったことに尽きるが、それでも書きたいネタはどんどんたまっていくので、全てをこちらに書ききれないのが残念。

 6月中にはヨーロッパ内での出張が入って、ロンドン・ヒースロー空港を何回か利用する機会があった。最近の飛行機での旅行でうざったく感じるのが、空港でのセキュリティチェックである。同じように感じている人は私以外にも沢山いらっしゃると思う。

 ヨーロッパ圏内ではパソコンバッグ等大きめのバッグ(いわゆる機内持ち込み手荷物)のほかにハンドバッグの機内持ち込みが認められている。二つ持っていけるわけだ(日本でも同じ)。
これが英国内空港から搭乗する際に限って、だめなのである。機内持ち込み荷物は純粋に一つだけと制限されている。例えば女性がハンドバッグをPCバッグ以外に携帯しているような場合には、いかなる形でもいいのでとにかく荷物を一つにまとめることが要求される。
 
 私がこのケースだった。この規制を知らなかったのは、昨今の状況を慮れば事前に確認しなかった自分が悪いのだろうが、パソコンを入れているバッグには、ハンドバッグなどを入れる余裕もなく、かといってそのままではセキュリティも通過させてもらえず(正確に言えば、このチェックはパスポートコントロール以前に行われていて、X線を使ったセキュリティチェックでは荷物の個数はチェックしていない様子)、困ってしまった。最終的には、航空会社のカウンターから大きめのショッピングバッグをもらい、それに両方を詰め込んで「荷物は一つ」としたことで(笑)、ようやくそこを通過させてもらった。

 しかしこれはまだいい方で、何度も抜き打ち的に繰り返されるセキュリティチェックによるトラブルはいやなものである。
 
 フランクフルト空港で目撃した話になるが、それは二度目のセキュリティチェックも通過し、搭乗ゲート直前に設けられた三度目のチェックポイントだった。私の前にいた老夫婦が、もちろんこんなところでまたセキュリティチェックがあるとは予期もせずに買い込んでしまったウォッカのボトルを没収されてしまったのだ。もちろんこれも最近の液体物持込規制が理由。係員に懇願する老婦人と、憤慨して文句を言う老紳士。しかしそこはドイツ、ルールですからと、怖い顔をした係員のおばさんはにべもない。様子を見ていて気の毒になったが、もちろんどうすることもできずにその場を離れた。

 これはこの老夫婦に限った話ではない。私も二度目が終わるとさすがにこれが最後だろうと思ってミネラルウォーターを購入すると、その後に控えていた三度目のチェックで没収されたことがある。DFS(Duty Free Shop)はどこも普通に営業しているし、どこにも「この先にセキュリティチェックがありますから、液体物の購入をお控えになりますよう」などという親切な表示はない。これは全世界の空港で同様だ。もしそういう表示があれば、乗客だって没収される品物に余計なお金を払ったりせずにすむものなのにと思うのだが。これもセキュリティの一環なのだろうか。

 セキュリティの厳しさに対して不平を言いたいのではない。逆に、安全のために決してそうやりがいもあるとも思えないような地道で地味な仕事を毎日繰り返している係の人達には、お礼を言いたい位だ。だが同時に、セキュリティに関連して増やしているだろう人員にかかるコストは、どれくらい運賃に跳ね返ってきているのだろうとも思う。

 そんなことを考えながら帰ってきて二日おいて、英国グラスゴー空港でのテロが起きた。しみじみ安全というものの価値を感じる今日この頃である。
 London night view 珍しく上空から見えたロンドンの夜景
 最近の英国でのテロ事件後、ヨーロッパ各国では危機状況レベルを引き上げている。下記はこれを冗談にしたもの。ヨーロッパ各国の歴史背景を基に相当に皮肉ってはいるが(またこの歴史観から、作者は英国人とすぐに分かる)、、、特に英国人に関する部分が国民性を表していて面白かったので、全文英語ですが興味のある方はどうぞ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
EUROPEANS HEIGHTEN THREAT LEVELS

The English are feeling the pinch in relation to recent terrorist threats and have raised their security level from "Miffed" to "Peeved".
Soon, though, security levels may be raised yet again to "Irritated" or even "A Bit Cross".

Londoners have not been "A Bit Cross" since the blitz began in 1940 and tea supplies all but ran out. Terrorists have been re-categorized from "Tiresome" to "A Bloody Nuisance". The last time the British issued "A Bloody Nuisance" warning level was during the great fire of 1666.

Also, the French government announced yesterday that it has raised its terror alert level from "Run" to "Hide". The only two higher levels in France are "Collaborate" and "Surrender." The rise was precipitated by a recent fire that destroyed France's white flag factory, effectively paralyzing the country's military capability.

It's not only the English and French who are on a heightened level of alert. Italy has increased the alert level from "Shout Loudly and Excitedly" to "Elaborate Military Posturing." Two more levels remain: "Ineffective Combat Operations" and "Change Sides."

The Germans also increased their alert state from "Disdainful Arrogance" to "Dress in Uniform and Sing Marching Songs." They also have two higher levels: "Invade a Neighbour" and "Lose".

Belgians, on the other hand, are all on holiday as usual, and the only threat they are worried about is NATO pulling out of Brussels.

The Spanish are all excited to see their new submarines ready to deploy.
These beautifully designed subs have glass bottoms so the new Spanish Navy can get a really good look at the old Spanish navy.
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。