スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天災

 ここのところ英国はずっと雨続きで、まるで日本の梅雨のようである。

 ただ、雨が降るだけなら英国では普通の天気と言えようし、空をあおいで雨空に文句を言っているだけならまだいい。しかし、7月に入ってから、英国の例年と比較して大変な降水量のために各地で洪水が発生していて、大変なことになっている。洪水自体は近年にもあちこちで起きていたが、これだけ広範囲にわたって被害が発生しているのは、今回が初めてではないだろうか。ウィキペディアにも現在進行形で今回の洪水に関する記事がアップされている(こちらにもインパクトのある写真が沢山)。
_44022306_floodfarm2_afp203b.jpg 家畜も水の中
_44023056_cyclisttewkesburygetty203b.jpg 水中を漕いでいるのはボートではなくて…

 私の知人でも、家が被災し、一階は全て全滅、車も窓の上だけが水から出ている状態でダメになってしまった人がいる。浸水した世帯数はどれくらいに上るのか分からないが、交通機関はもちろん、上水や電気などのインフラが止まっている地域もあり、色々な形で被害に遭った人々の生活を考えると、とても気の毒だ。

 上の写真も一見ユーモラスにも見えるが、リンク先の記事にもあるように、放牧されていた家畜も食べるものが無いし、農業への影響も大きい。水が綺麗に引いてしばらくたった頃に、洪水の影響がさらにいろんな形で出てくるのではないかと思っている。

 日本でも先日の地震の被害に遭った方々には大変お気の毒だ。ただ、人間にはどうにも出来ないのが天災である。日本でも英国でも、皆さん早く普通の生活に戻れるようになればと祈るばかりである。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。