スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出来ることから少しずつ

 仕事柄もあって、一日のうちパソコンに向かっている時間はかなり長い方だ。またこの季節、エアコンというものがもともと無い英国では、パソコンが沢山並んでいる私のオフィスはうだるような暑さになることがある。だからなるべく涼しくしたいのと、もともと節電のために、なるべく使用しない機器は電源を切るようにしている。

 電源を切れば熱源が一つ減るのだから、涼しくすることに関しては多少なりとも効果はあると思うのだが、しかし節電に関してはやっていることが実際にどれだけの節電効果になるのか、実はいま一つ実感がわかなかったのも事実だ。

 そこで先日見つけたのが、'Local Cooling'というツール(こちら↓からダウンロードサイトに移動)。


 このソフトウェアは、パソコンの消費電力を節約してくれるというものである。インストールすると、下のような小さなウィンドウが表示され、実際に節約された電力がどれだけに相当するのかを表示してくれる。。
Local Cooling

 実はこのソフトがしてくれることは特に目新しいことではなく、パソコンを使い慣れた人ならやっているような、未使用時間何分以上でスクリーンの電源を切る、といった消費電力設定を肩代わりしているだけである。しかし、パソコン初心者にとっては、ウィンドウズの小難しい設定画面を経由して消費電力設定するよりも、Local Coolingの分かりやすい画面で設定する方がはるかに簡単だろうし、中級者・上級者にとっても、どれだけの電力が節約されているのか具体的に表示してくれるというのは面白と思う。何より、数字が目に見える形で示されるというのは、電力に限らず、節約には励みになるものだ。

 私はつい最近スタートしたばかりなので、木一本分に相当する二酸化炭素分を節約するまでには相当な時間がかかりそうだが、これこそ「塵も積もれば…」の世界である。

 ちなみにこのLocal Coolingという会社、マイクロソフトの認定パートナーに指定されており、スパイウェアやウィルスの心配は皆無である。Windows XPマシンを持ってらっしゃる皆さん、日々の節電の励みに(笑)お一つダウンロードされてみてはいかがだろうか?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。