スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野生のウサギ

 ある日、ダイニングの窓からぼんやり外を見ていると、なんだか道路の向かい側の草むらに動くものが…?交通量は多くはないけれど、比較的スピードを出して走る車も多い道路なので、気になって外に出て何だか確かめてみた。

 ウサギだった。ただ頭や耳にハゲがあるし、目も汚れている。きっと病気で弱っているのに違いない。それにしても、こんなに道路沿いにいてはいつ轢かれてしまってもおかしくないので、とりあえず動いてもらうことに。手を近づければ逃げてくれるだとうと思いきや、どうも目が見えない様子。私が近づいても一向に逃げる気配がない。これでは轢かれてしまう可能性が倍増である。
 
 仕方なく捕まえてみようとすると、あっけなく腕のなかにおさまってしまった。以前にもちょっと書いたように、野生のウサギは周辺にたくさんいて珍しいものではないが、実際に触るのはもちろん初めてである。でも思っていたよりずっと軽い。それに、ふかふかの柔らかい毛皮がなんとも気持ちよい。コートやバッグなどにも使われている「ラビットファー」そのものなのだが、こちらの方が毛も密だし、それ自体が暖かくて心地が良いのだ。

 ふかふかの軽いいのちを抱えながら、本来の目的であった、安全な草むらまで持っていって逃がしてやった(毛皮の感触が名残惜しかったが…)。
 
 無事に仲間と会って巣穴に帰ってくれれば、と思っていたが、2、3日後に再びこのウサギに、今度は玄関前で再会した。目も見えないのにどうやって道路を渡ったのか不思議だが、運がよかったのだろう。でもハゲが増えていて見るからに前回より衰弱している。

 後で聞いた話だが、病気になったウサギは巣穴から追い出されてしまうそうだ。仲間に伝染するのを防ぐためらしい。その際に、仲間から蹴られたり噛まれたりしてさらに痛手を負うことがあるとか。前回は良かれと思って巣穴のたくさんある方向に逃がしてやったが、もしかするとそれが裏目に出てしまったのかもしれない。かわいそうなことをしてしまった。

 ウサギは少しすると家の前に駐車してあった車の下にもぐってしまった。頭がつかえそうな位の高さに天井ができて、巣穴にいるのと似ていて安心したのかもしれない。ウサギの周りにおちているニンジンのかけらは、私が投げ入れてみたもの。それにも見向きもせず、身じろぎもしないでじっとしたままだった。
injured rabbit 冬はきっと越せないだろう…

 2、3、時間後にもう一度見てみると、もうどこかへ行ってしまっていた。

 草原を散歩していると、動物の亡骸をたまに目にすることもある。命を失ってしまった有機体を見ても、自然の摂理、弱肉強食と割り切ることができるし、それ自体は私の感情にあまり訴えてこない。 しかしながら、痛手を負いながらもまだ生きている動物を見るのは、切ないものだ。

 あのウサギ、まだどこかをさまよっているのか、それとも…。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。