スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シングルモルト ウィスキーとスヌーカー

 シングルモルトウィスキースヌーカー。どうして今までこの組み合わせに気が付かなかったのだろう。

 日本はゴールデンウィークの最中、国民の休日が他のヨーロッパ諸国と比べても少ないイギリスにおいては数少ない三連休の週末である。たかが三連休と言っても、珍味の如く、一刻一刻を楽しみながら有難く押し頂かなければならない連休だ。

 この連休中に、イングランドはシェフィールド州にてスヌーカー世界チャンピオンシップが開催される。スヌーカー愛好会には見逃すことのできない一大イベントである。そして本日は決勝も二日目、決戦の夜である。
 今年はロニー・オサリバン対マーク・セルビー。前者はその正確かつ他に類を見ない早いプレーから「ロケット」と称され、難しいボールでも点を取りに行くアグレッシブなプレイスタイルゆえにファンも多い。マーク・セルビーは、個人的に今までノーマークだったのだが、今回の予選のプレイから見るに、どの戦局でも非常に落ち着いた態度を崩さず、かつ知的な印象も残す、チャンピオンとしての器の大きさを示すプレイヤーだ。

 私とスヌーカーの付き合いは長くもあり短くもある。スヌーカーという競技は昔から知っていたものの、実際に観戦したことはなかった。初めて真面目に観戦したのは、忘れもしない2001年の春、英国にて。まだ私が英国に移住する前のことだ。

 当時、長期出張でイギリスにいた私は、この連休中にホテルで一人時間を過ごしていた。その日、特に観光に出るあてもなくホテルにいた私は、次週に備えて衣服にアイロンをかけることを思い立ち、何かテレビで観るものはないかとBBCにチャンネルを合わせた時に放映されていたのがスヌーカーである。更に、対戦者の一人がロニー・オサリバンだったことが運の尽きだった。この日、アイロンがけが終わった後も私はスヌーカーの戦局をほぼ一日、一人で観戦し続けることになる。

 今でも覚えているのが、ロニー・オサリバンのプレーの早さだ。迷わない。ためらわない。なおかつ正確にターゲットの球を落としていきつつ、次のプレーに備えてキュー・ボール(白球)を正確にコントロールしていく。当時オサリバンは20代。困難と思われる局面でもリスクを取って得点を取りに行く大胆さが一際目立っていた。この大胆さが今でも彼の人気の理由の一つでもある。

 スヌーカーをご存じない方のために付け加えておくと、スヌーカーというのはアメリカで一般的にプレーされるプールの3倍はあろうかという大きなテーブル上でプレーする球技だ。スヌーカーという言葉自体に「妨害する」といった意味があることからもわかるように、単に球を落とすだけでなく、いかに相手のの状況を難しくするかという部分も重要な要素となる。ルールーもプールよりもっと複雑であり、基本的にプールとは別のスポーツだと考えてもらった方がよいだろう。体力はもとより、知力と駆け引きと精密なコントロールが要求されるゲームである。

 結局、その当時は時間の許す限りトーナメントをテレビで観続けたわけだが、この時のロニー・オサリバンの大胆なプレー・スタイルの記憶が、私のスヌーカーに入れ込む一つの要因となったのは間違いない。

 年は移って、2014年。

 夕食の伴に赤ワインを飲みながら夜のゲーム再開を待っていたが(スヌーカーは長時間にわたるスポーツのため、午後の部、夜の部などと対戦時間がいくつかに配分される)、ふと思い出したのが棚の奥のウィスキーのボトルだ。なぜかイギリス人の友人達にもらった山崎の10年シングルモルト。それからシングルモルト・スコッチウイスキー。私はウィスキーはロックで飲むと決めている。氷が溶けるにつれて微妙に風味を変化させるシングルモルトウィスキー。微妙な駆け引きが展開されるスヌーカーを楽しむのに、これ以上ふさわしい飲み物があるだろうか。今現在でマーク・セルビー:17フレーム(18フレームと取得した選手が勝ち)対ロニー・オサリバン:14フレーム。まだどうなるかわからない局面である。

 今夜は日英のシングルモルト二つをロックで手元に置きながら、チャンピオンシップを最後まで見届けようと思う。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。