スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初、映画出演!(我が家の犬が、ね)

 我が家の黒ラブ犬二頭がなんと映画に出演し、その映画のワールド・プレミア上映会に招待客として行ってきた。

 と言っても、莫大な予算をもってして作られるハリウッド映画に出演した訳ではない。色々あって、イギリス湖水地方を舞台にした低予算映画の端役で出演することになったのだ。

 撮影は2014年の夏だったから、何か月かの長期編集期間を経てやっと2016年1月の初上映会に至ったわけだから、考えてみれば映画作成とは根気のいる作業である。脚本も若い監督が書いたものだから、筋書の構想から数えれば、もっと長い時間がかかっているはずだ。

 当然ながら我が家の犬達は名犬ラッシーでもなんでもないので、もらった役回りもあくまで端役。実際の映画での出演時間は30秒にも満たないものだったが、実際の撮影は午後いっぱいかかったのを覚えている。筋書の中でも鍵となるキャラクターを、森の中であちらへこちらへと追い回すというシーンをいくつも撮影したのだが、「よーい、スタート!(英語で)」での掛け声で俳優さんが動き出し、別途犬たちへのキューが出るのを待ってから犬を狙った方向に全速で走らせるという、言うはたやすいが実際はなかなか大変な撮影だった。あちらこちらへと走らされて、最後は犬たちも疲れてしまったくらいだったから、走らされる俳優さんの疲労は言わずもがなだろう。

 映画の撮影現場に立ち会うのはもちろん初めてだったが、撮影の舞台裏を見るのも興味深かった。小規模な映画撮影とはいえ、監督に助監督、カメラ撮影が二名、音声担当、小物や衣装の担当、メイクアップ担当など、かれこれ7、8名いたと思う。当然これに加えて俳優さん達がいて、さらに場合によっては私と家人のような、特定の場面のみに必要となる人々も加わるわけだから、映画の撮影とは大変なものである。

 撮影が終わってお疲れさまと現場を離れる際に、助監督から「あの、プロのドッグ・ハンドラーの方達なんですよね?」と尋ねられたのは、嬉しい驚きだった。それだけ犬がよくコマンドに従ってきちんと動いていたということを感心してもらったようなのだが、ドッグ・トレーナーでも何でもない普通の犬の飼い主としては、こういう風に言ってもらえるのはやはり誇らしいものだ。

 世界初!の映画上映会で我が家の犬達が大きなスクリーンに大写しになったのを見るのは、飼い主として単純にうれしいと共に、そういった撮影時のエピソードが思い出された。

 映画の最後のクレジットには私と家人の名前が「ドッグ・ハンドラー」として載ったので、現在友人たちには我が家の犬たちは「映画スター」、我々は「ドッグ・ハンドラー」と呼ばれている(笑。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。