スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人の名前と記憶のメカニズム

 人の名前を覚えるのが苦手だ。

 中高の頃、同じクラスの人名と顔はさすがに覚えたが、隣のクラスとなると分からない人が沢山いた。校舎も違うクラスの人のことを同じクラスの人のことのように話す友人を、どうしてそんな離れ業ができるのかと思いながら眺めていた。

 社会に入って仕事で人に会うようになると、貰った名刺の裏にその人に関連する情報を書き込んで、後で見て顔と名前を一致させられるようにしていた。顔はなんとなく覚えても、名前をすんなりと覚えられないのだ。それでも、漢字とは便利なもので、正確な名前を思い出せない時でも、確か字面がこんな感じだった、とぼんやり思い出せることも多い。

 だが、渡英してからはそうはいかない。更に、「ジョンさん、そう思いませんか?」のように、会話の合間に相手の名前を挟んでいくのが(必須ではないが)丁寧だとされる文化圏である。相手の名前を思い出せなくても一時間以上会話を進めることも可能な日本とは訳が違う。人の名前はきちんと覚えねばならない。私のように人の名前を覚えるのが苦手な人間には結構プレッシャーである。

 さらに、ファーストネームは聞いても姓は知らないというケースも多い。というかカジュアルな挨拶はこのケースがほとんどだ。となるとファーストネームだけなので、覚えるのは簡単だろうと思いきや、これが手掛かりが少なすぎて逆に覚えづらい。日本のように字面で覚えるという手もきかない。会った直後は覚えていても、その後きれいすっかり忘れてしまったことも多い。

 人の名前に関して一番神経を使うのが、夫婦同席でディナー等に招待された時である。他にも招待客がいると、それぞれのカップルの名前も憶えないといけないし、ホストの子供の名前も一応覚えなければならない。ペットの犬や猫も紹介されることもある(笑。グラスを重ねるうちに誰の名前がなんだったか思い出せなくて、家人に耳打ちして教えてもらうことも多い。こんな調子だから、私は外交官やその家族として勤めるのはまずムリである。

 また私の場合、当然ながら日本人としてある意味目立つため、相手が私のことを覚えていてくれて後日声をかけてくれても、私の方でその人の顔すら覚えていなくて、相手に気まずい思いをさせてしまったこともある。これは名前を覚えられない以前の問題だが。私は事件の目撃者としてもきっと使い物にならないのだろう。

 やっと英国の人名を覚えるのがそれほど苦ではなくなったかと、ふと気が付いたのは、渡英後5年以上たった頃だろうか。慣れと行ってしまえばそれまでだが、実は記憶のメカニズムが微妙に変わったのではないかと、個人的には思っている。なぜなら、表意文字である漢字の字面で覚えるというのは、名前(の読み)自体だけでなく、使われた漢字自体の意味や形という、付加情報も加えて記憶しているのに対して、アルファベットの人名はほぼ読みという情報しか含まれないからだ。もちろん、聖書や物語、小説などにでてくる人名ではそれと絡んで記憶するということもできなくはないが、例えば「ジョン」や「ピーター」は一般的に使われすぎているため、いちいち聖書と絡めて覚える名前ではなくなってる。つまり、付加情報はないと言っていいだろう。英国で多いインド系の名前も、意味が分からない日本人に記憶されるのは名前の読みだけである。

 以前と比べて人の名前を覚えるのが得意になったとは特に感じていない。英国での人名記憶に関して苦手意識が消えたという認識だ。それでも、今日本に帰国しての人名記憶と昔のそれとを比較したら、違いが出るのかどうか、少し気になる。他言語におけるこういった記憶のメカニズムについての調査結果があれば、見てみたいものだ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。