スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

田舎での日々の買い物

 渡英して10余年、今までを振り返ると、都会より田舎での暮らしの方が断然長い。
 さらに一般の英国人よりも英国内の様々な地方で、しかも(ドの付く)田舎で暮らした機会が多いと、胸を張って言える(詳しくは前回の記事を参照のこと)。

 そういう海外の田舎で暮らしていると、日本人はもちろん、英国人からもよく「普段の買い物はどうするの?」と尋ねられることがある。

 私自身、日本では東京都心、自宅から500m以内にスーパーはもちろん、コンビニが数件あるような環境に暮らしていたので、そこからいきなり今暮らしているような英国の田舎に引っ越していたらやはり面食らっただろうと思し、こういう質問も出てきたはずだ。

 答えは二つ。田舎暮らしには必須の自動車運転免許を獲得して、片道10分~30分余りの運転をものともせずに買い物に行く。または、スーパーのオンラインショッピングを利用して宅配してもらうのだ。

 英国のスーパーのオンラインショッピングサービスは日本よりも早くに始まったし、より一般的に普及していると思う。先駆けのひとつがオカド(www.ocado.com)というオンラインスーパーに特化した会社で、昨年「顧客10周年記念おめでとうございます」メールが来て驚かされたから、オカドは2006年には既にサービスを開始していたことになる。残念ながらオカドはロンドンを中心としたイングランド南西部にしかサービスを展開していないのだが、2010年ごろから英国大手スーパーはどれも宅配サービスを始めているので、私は今は地域でサービスが利用できるスーパーを使っている。

 一般にどのスーパー宅配サービスも、支払う送料や年間購読プランに応じて、1時間枠の宅配時間を指定できるものから、数時間枠の宅配枠まで指定できる。私は1時間枠の宅配時間を指定可能なプランに登録しているが、年間で60ポンド(日本円で一万円~一万5千円程)払えば何回でもいつでも宅配をお願いできるので、重宝している。

 「でも年間プランで囲い込まれると、他のスーパーよりも高い買い物させられたりしない?」と思う方もいるだろう。私もそう考えたことがあるのだが、どっこい英国におけるスーパー間の競争は熾烈だ。大手スーパー4、5社内では日々価格を比較しあっており、私が注文した商品も「他のスーパーでは(セール等で)お安くなっていましたので、その分返金いたします」と、決済時にきっちり差額分を返してくれるのだ。日本でいう、チラシを見比べて安いスーパーに行く、ようなことを、スーパーが代わりにやってくれると考えると分かりやすいだろうか。

 時間のある時にオンラインで商品リストをささっと作って事前に注文しておけば、自分で店に行かなくて済むし、レジに並ぶ必要もない上、そこまで至れり尽くせりやってくれると、スーパーの宅配サービスを使わない方がもったいない。少なくとも私はそう思う。それでも私の周りでは特に生鮮食料品の選択を他人に任せるのに抵抗があるという人がまだ多いが、これに関してももし鮮度に問題があるようなら、配達後でもスーパーに連絡して商品分を返金してもらうことも可能だ。

 また応用編として、仕事や旅行でしばらく家を空けるような場合には、帰宅後に届くように食料品の宅配を事前に手配しておけば(多くのスーパーで最大3週間位先まで配達予約が可能)、家に戻ってから改めて買い物に行く必要もなく、すんなりと普段の生活に戻ることができる。

 スーパーで取り扱いのないモノや、どうしても(肉屋や魚屋のような)専門店で買い物したい場合には、自分で車を出して買い物に行くが、宅配とうまく組み合わせることで、時間も手間もずいぶん削減することができる。

 車を出すのをためらうような、冬の横殴りの雨が降る中でも、道路が凍てつき雪の積もる日にも、夏の暑い日差しの下でも、朝でも夕でも、指定した時間にきっちりと届けてくれるスーパーの宅配業者さん達。彼らのおかげで私の手間暇が省けて大助かりだが、逆にいつもお世話になっていて頭が下がる思いである。

 結局何が言いたかったかというと、英国の田舎暮らしでも普段の日々の買い物に困ることは全然ないということだ。21世紀の田舎暮らし、万歳である。

 また、英国の田舎暮らしの普段の様子についても、色々と書いていこうと思うので、ご期待を。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。